>  > 【店舗塗装サービス】【BP レガシィ ツーリングワゴン イングス】LX SPORT LEGACY BP SIDE STEP (ハイブリッド)
18インチ サマータイヤ セット【適応車種:インプレッサ WRX STI(GRB、BRF 5ドア)】WEDS ジョーカー マジック シルバー 8.0Jx18ヨコハマ エコス ES300 245/40R18 CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747 (クラブリネア L747) 21インチ 11.5J PCD:115 穴数:5 inset:43 DISK TYPE:SUPER LOW カラー:プレミアムホワイトポリッシュ [ホイール1本単位]/H
ログイン
マイページ登録

イングス】LX 【店舗塗装サービス】【BP BP ツーリングワゴン ツーリングワゴン レガシィ SIDE STEP SPORT STEP LEGACY (ハイブリッド)

特集

書評

連載

コラム

ニュース

読書人とは マイページ
読書人トップページ 最新記事一覧 今週号の目次 編集室から 読書人とは
close
特集一覧 読書人紙面掲載 特集 WEB限定 読書人アーカイブス 入門!ガクモン 人気大学教授の熱烈特別講義 原発事故から8年:飯舘村でいまなにが起こっているのか 文芸同人誌 英米文学・英語研究書あんない 辞書・事典案内
close
書評一覧 読書人紙面掲載 書評 ここを伝えたい!本の編集者より 【書評キャンパス】大学生がススメる本 わが社のロングセラー 書評アイドル 渡辺小春が読む芥川賞 本が好き!月間ランキング ネットギャリーレビュー 日刊紙の書評案内
close
連載一覧 日常の向こう側ぼくの内側 八重山暮らし 現代短歌むしめがね パガニョーをたずねて 漢字点心 ”Letter to my son" 読写 一枚の写真から ジャン・ドゥーシェ氏に聞く「映画/映画作家/映画批評」 American Picture Book Review 創刊65周年『明星』連載文芸作品をよむ 手塚治虫―深夜の独り言 パリ、五月革命の残光 ―大学改革と抵抗運動― Forget-me-not 日本の〝穴場〟探訪 ともかくスケッチ 中平卓馬をめぐる 50年目の日記 誰も見ていないから なぜ名前にホシがあるのか? 文系学部解体-大学の未来
close
コラム一覧 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:インサイト(ZE2 M/C前)】WEDS ライツレー ZM ブラックメタリックポリッシュ 5.5Jx15HIFLY HF201 175/65R15田原総一朗の取材ノート 夜郎戯暦 文芸 論潮 映画時評 本の国へようこそ いい本を読みましょう 著者から読者へ 編者から読者へ 監修者から読者へ 出版メモ 新刊 近刊セレクト 文庫日和 スポットライト ニューエイジ登場 フォト&アート PictureBook&Guide Book 同人誌 あの人に会いたい 寄稿 回顧総評 文芸同人誌評 シリーズ 図書館探訪 入門!ガクモン 人気大学教授の熱烈特別講義 THE LAST GIRL イスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語
close
ニュース一覧 受賞 催しもの トピック ベストセラー告知 読者プレゼント 図書館 追悼 募集 ネットギャリー 本の日
close

  1. 読書人トップ
  2. 書評
  3. 【リジカラ [リジットカラー]】リジカラ AK12,BK12,YK12 2WD リア読書人紙面掲載 書評
  4. 学問・人文
  5. 評論・文学研究
    世界文学
    読書人紙面掲載 書評
    更新日:2018年7月7日 / 新聞掲載日:2018年7月6日(第3246号)

    【店舗塗装サービス】【BP レガシィ ツーリングワゴン イングス】LX SPORT LEGACY BP SIDE STEP (ハイブリッド)

    マニエリスム談義 驚異の大陸をめぐる超英米文学史
    著 者:高山 宏、巽 孝之
    出版社:彩流社
    評者:長岡 真吾(福岡女子大学教授)
    本書の特徴はその対話形式にある。「談義」というタイトルはその意味で正確であると同時に注意書きにもなっている。まえがき「マニエリスト的無意識」とあとがき「マニエリスムな出会い方」を除けば、構成上の階層構造は(編集担当の方の熱意と労力か)端正なレイアウトの目次に表されているとおり、序章「なぜ、いま、マニエリスムなのか?」と終章「マニエリストはどう生きるか」の間に四つの章、第一章「アメリカン・ルネッサンスとマニエリスム」第二章「ピクチャレスク・アメリカ」第三章「アメリカ・文学・日本」および終章が並び、後に「特別収録:『不思議の国のアリス』と/のアメリカニズム」が付く。さらに一章から三章と特別収録には内容をタグ化した小見出しがずらりと並んでいる。しかし実際の文面は、高山宏氏と巽孝之氏という二人の(著者ならぬ)話者が語り合った言葉をほとんどそのまま活字にしたものであり、見かけの階層構造は、途切れることなく呼応し合う声の流れを視覚的に秩序付けようとする涙ぐましい努力の賜物である。本を開いて読み始めた途端に、思考の流れと展開と調和と飛躍と唐突が生き物のように(生き物なのだが)幾つもの蔓を伸ばして読者/聞き手を搦め捕り、博識と知性と即興と笑いと怒りの(言の)葉をこちらが追いつかないほど矢継ぎ早に(まれにはふと切なげに)広げてみせる。それがずっと続くのである。

    本書に集められた対談の主な話題はマニエリスムと英米文学である、という要約は不十分である。まえがきで巽氏が指摘するマニエリスムの属性には「迷宮性や超現実性、自己言及性、修辞学に脱修辞学、逆説趣味、創造的誤読、デフォルメやパロディ/パスティーシュ、パリンプセスト、ウロボロス構造やメタパースペクティヴ FC3S RX-7 ブレーキライン / ホース【エーピーピー】REAR BRAKE LINE KIT RX-7 FC3S/FC3C ABS付 ステンレス、ひいてはカットアップ/サンプリング/リミックス感覚」などがある。これらは対談で言及される内容であると同時に対談そのものが帯びている性質である(高山「というか クラッツィオ 3Dラバー 品番:EH-0433 ホンダ フリード H20(2008)/5~H23(2011)/10 8人乗 車種専用品 6点セット、僕はコンテンツと文体って区別できないからね」)。例えば一章で「十六世紀最大のマニエリスム」バルダッサーレ・カスティリオーネの『宮廷人』は「宮廷にいながら生き延びていくには、どんなに正しさを嘘と言い、嘘を正しいと言わないといけないか」を書いた規範であり、「アメリカのトランプ大統領の現在を読むのに一番いいような」「マニュアル」(手と戦略)であると高山氏が説明した直後には以下のような会話が飛び出す:
    高山:さて、マニエリスムを十五分で説明してしまおうか。その前に、巽さんにとってのマニエリスムの定義って何?「俗化したアヴァン・ポップ」(笑)?
    巽:ここで一気に一九九〇年代のポストモダン文化が登場すると 、

    【店舗塗装サービス】【BP レガシィ ツーリングワゴン イングス】LX SPORT LEGACY BP SIDE STEP (ハイブリッド)

    塗装カラーの指定
    単色(色番号指定) 単色(色番号指定) 塗装済 +0円
    パール色単色塗装済 [3コートパール] +8,100円
    2色塗分(色番号/近似)2色塗分(色番号指定/近似色) 塗装済 +16,200円
    3色塗分(色番号/近似)3色塗分(色番号指定/近似色) 塗装済 +29,160円
    UVクリア塗装のみUVクリア塗装のみ(カーボン製品にお勧め) -3,240円
    マットブラックマットブラック塗装 +12,960円
    その他色・相談その他 塗装済[その他特殊色、特殊色分け等] お見積り


    LX SPORT LEGACY BP SIDE STEP (ハイブリッド)
    メーカーイングス【ings】
    カテゴリサイドステップ
    適合代表車種BP レガシィ ツーリングワゴン BP LEGACY TOURING WAGON
    ※詳細な適合の事前確認はお問い合わせください。
    お届け納期メーカー及び商品によって異なる為、お急ぎの方はお問い合わせください。
    ※ショッピングカート受注後でも納期確認後のキャンセルは可能です。
    発送送料送料無料となります。
    ※個人のお客様への発送は追加料金が掛かる場合があります。ご自宅へ発送希望の方は予めお問い合わせください。
    注意事項※商品画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます。
    ※塗装は色番号でご指定頂きます。お車の状態によって、色違いが発生する場合もございます。予めご了承ください。
    ※塗装サービス商品のキャンセルはお受け致しかねます。必ずご注文前に、適合、納期等のご確認をお願い致します。
    商品タグLX SPORT LEGACY BP SIDE STEP (ハイブリッド) サイドステップ イングス ings BP レガシィ ツーリングワゴン BP LEGACY TOURING WAGON 塗装済 ペイント済 カラード 純正色 色番号 カラーナンバー 塗装付 ペイント付 艶消し ブラック ホワイト ガンメタ マットブラック
    キーワード塗装済 ペイント済 カラード 純正色 色番号 カラーナンバー 塗装付 ペイント付 艶消し ブラック ホワイト ガンメタ マットブラック
    詳細は・・・お気軽にお問い合わせください。
    関連商品

    、読者はびっくりするかもしれませんね。
    高山:する、する(笑)。でも、そういう話になるしかない。

    かくしてふたりの対談はしばしばジェットコースター的あるいはバンジージャンプ的なスピード感と快感と畏れを提供/具現しつつ、F・O・マシーセン『アメリカン・ルネッサンス』(一九四一)に始まり、時代を戻って「ルネッサンス」の概念を作った一八六〇年のブルックハルトやその一〇年後のウォルター・ペーターからヘンリー・ジェイムズへと繋がり、(少し後で出てくる地球空洞説の布石でもある)アメリカ文学と地面を掘る話を経てハーマン・メルヴィルに突入し、その後はドナルド・トランプとダニエル・ブーアスティン『幻想の時代』(一九六二)に触れたうえで「リアル」と「ファクト」について語っていく。この後も「現実の見え方を根本から革新してしまうような驚くべき奇想」(巽)に満ちた話題を次々に繰り出しながらダンスか歌のようにも続いていく(高山「そうだな、アメリカのマニエリスムといったら三人いると思うんだよね。ジョン・アッシュベリー、スーザン・ソンタグ、それから嫌いな人多いけどジョン・アップダイクだね」)。話の焦点を次々に転がし閃かせながら、ピクチャレスクに力点を移しつつ日本との接点へと展開していく第二章も、さらにアメリカと日本文学や東京や千葉との繋がりを可視化し、原爆や「核の想像力」も包摂しつつ、福島や熊本に言及していく一方で現代日米の政治にも切り込んでいく第三章と終章も、「循環史観」を体現して部分的反復を繰り返し、らせん状にずっと続いていくのである。

    興味深いのは、例えば高山氏のマニエリスト的横溢をいつのまにか秩序へと揺り戻す役割は巽氏が担っているように見えながら、マニエリスムの、またはピクチャレスクの各論的展開の例を巽氏がいわば周縁へと(微に入り細にわたって)放射状に繰り出してくると、今度は高山氏の方がマニエリスム・ピクチャレスクのキメラ的中心へと話を絶えず接続し直して見せている点である(高山「…僕の大きな議論としてはマニエリスム・ピクチャレスク・ポストモダンであって、またしてもの循環史観だけれど、大枠はそれで決まりだと思っているのさ」)。それがふたりの対談に一定のウロボロス的循環リズムを与え、いつまでも読者/聞き手の注意をそらなさい要因にもなっている。逆にいえばこちらには息つく間もない。どこにも「休憩」を取ったような気配が紙面にないのも不思議というよりも不気味で、延々と休まず弛まずこれを続けることができるのは超人、とやはり驚愕と憧憬を抑えられないのだが、その視線の向こうに、たとえるなら回転を続けるDNAの二重らせん構造が見えてくる。かつて本紙で八木敏雄『マニエリスムのアメリカ』の書評を担当した際には、その表紙に使われた(そして本書でも繰り返し言及される)ウィルソン・ピールの絵画にならって本全体を博物館にたとえ、その窓から遥かなる世界への拡がりが見えるイメージを描いた。それに対して本書では、向かい合う二本のらせん状の塩基(命の元)の連なりが、回転しながら次々と複製と創造を繰り返す様が見えてくる。大西洋を挟んだ二つの大陸の図にも似るその二本は、ポーの芸術論にある「unity, variety, originality」を引き合いにして自己言及的にその創造原理を説明したり、「模倣」と「猿真似」の違いについて述べたり、全編を通して循環的に言及される「アルス・コンビナトリア」(繋ぐ技術)を説いたりする。通常は近づけないこの二重らせんの回転と動きそのものを「読む」ことを可能にしてもらったおかげで、文学や芸術が存在する理由や人が何をなぜ生み出し続けるのかということにさえ思いを馳せることができる。躊躇なく再挿入されているイラストや写真が大きな助けとなっていることも強調したい。それから、自分でも驚いたが、あとがきを読んでいる途中で落涙した。
    この記事の中でご紹介した本
    マニエリスム談義 驚異の大陸をめぐる超英米文学史
    著 者:高山 宏 ディクセル SD type ブレーキディスク フロント ポルシェ カイエン(958)、巽 孝之
    出版社:彩流社
    以下のオンライン書店でご購入できます
    「マニエリスム談義 驚異の大陸をめぐる超英米文学史」出版社のホームページはこちら
    長岡 真吾 氏の関連記事
    2019年2月16日
    「周縁」という不可視の創造領域
    広大な混淆領域から帰還した百戦錬磨の旅人が語る
    周縁から生まれる ボーダー文学論
    越川 芳明(彩流社)
    2018年12月22日
    2018年回顧 外国文学 アメリカ
    声から文字へ 14インチ サマータイヤ セット【N BOX(JF4系 NA車 4WD)】MANARAY ユーロストリーム JL10 ディープメタリックシルバー 4.5Jx14ヨコハマ エコス ES31 155/65R14、文字から声へ
    翻訳のあり方が根底から変化、翻訳独自の文体の創出
    2017年12月24日
    2017年回顧 アメリカ文学
    充実した多様性と着実な成果を生んだ研究書
    2017年11月25日
    自由の空間を開いてくれる文学へと誘い呼びかける力強い声
    今を生きる人のための世界文学案内
    都甲 幸治(リットーミュージック)
    2017年3月31日
    アメリカで「黒人」に生まれるということ
    世界と僕のあいだに
    タナハシ・コーツ(慶應義塾大学出版会)
    2016年12月23日
    2016年回顧 アメリカ
    必要だったソンタグの声 あらためて日本の翻訳文化の豊かさを思う
    巽 孝之 氏の関連記事
    2019年1月19日
    マニエリスムとしてのSFで 反知性主義的な現実を解毒する
    パラノイドの帝国 アメリカ文学精神史講義
    巽 孝之(大修館書店)
    サマータイヤ 245/45R19 102Y XL ファルケン アゼニス FK510 ワーク グノーシス HR201 8.5-19 タイヤホイール4本セット
    2018年11月30日
    巽孝之著『パラノイドの帝国 アメリカ文学精神史講義』(大修館書店)刊行記念
    異端の時代のパラノイド・スタイル----ホフスタッターを超えて----
    巽孝之×森本あんり トーク&サイン会レポート
    2018年2月3日
    世界は彼らのものだった 
    とうに忘れていたはずの祈りを取り戻す
    1968年・イェルサレム・夏
    岳 真也(出版舎 風狂童子)
    2016年8月5日
    これまでになかった立体的 ド・マン像を出現させる
    盗まれた廃墟 ポール・ド・マンのアメリカ
    巽 孝之(彩流社)
    読書人紙面掲載 書評のその他の記事
    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月30日
    楽しく、飽きずに、効率的に説得力ある英語学習テキスト
    600点最速到達! TOEIC(R) L&Rテスト 必ず出る単語&フレーズ
    頴川 栄治(宝島社)
    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月20日
    倫理学の入門書として
    抽象的な学問を実践的に学ぶ
    ロボットに倫理を教える モラル・マシーン
    ウェンデル・ウォラック(名古屋大学出版会)

    【店舗塗装サービス】【BP レガシィ ツーリングワゴン Z3 イングス】LX SPORT LEGACY BP SIDE STEP ZE914F (ハイブリッド)

    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月20日
    「新しい社会運動史研究」の開始宣言
    多面的・重層的な議論の展開
    運動史とは何か
    大野 光明(新曜社)
    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月20日
    不平等の再生産に抗して
    現代社会学の無自覚を暴く
    哲学者とその貧者たち
    ジャック・ランシエール(航思社)
    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月20日
    クラッツィオ EH-0428 オデッセイ HighQuality Series Clazzio アルカンターラセレクション 3列シート車全席分セット イージーPGDとは何か
    ――その科学と倫理――
    人がセックスをやめるとき
    ヘンリー・T・グリーリー(東京化学同人)
    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月20日
    生きる歓びに満ちた世界
    山びとたちの暮らし、熊野方言の心地よい響き
    呪い釘
    宇江 敏勝(新宿書房 )
    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月20日
    最先端アニメを教養で読み解く
    古典や哲学から生命工学まで、博覧強記の語り口
    平成最後のアニメ論
    町口 哲生(ポプラ社)
    読書人紙面掲載 書評
    2019年4月20日
    「直感」の「限界」について
    小林秀雄の言葉を〝小林神話〟から救い出す 
    小林秀雄の悲哀
    橋爪 大三郎(講談社)
    読書人紙面掲載 書評をもっと見る >
    学問・人文 > 評論・文学研究 > 世界文学の関連記事
    読書人紙面掲載 書評
    2018年11月10日
    新たなる「世界文学」を模索する「或る者」
    てんてこまい 文学は日暮れて道遠し
    マイケル エメリック(五柳書院)
    読書人紙面掲載 書評
    2018年10月22日
    詩と音楽の競合関係を歴史的文脈において明らかにする
    マラルメと音楽 ――絶対音楽から象徴主義へ
    黒木 朋興(水声社)
    ハブ一体型アジャストスペーサー RAV4-L UA-ZCA26W 10mm厚
    読書人紙面掲載 書評
    2018年8月11日
    古典的文学研究の静かな凄み 
    巨大な問題系への繊細で厳密な通路
    生のなかば ヘルダーリン詩学にまつわる試論
    ヴィンフリート・メニングハウス(月曜社)
    読書人紙面掲載 書評
    2018年7月21日
    「情動論的転回」において身体と感情を取り上げることの可能性とリミット
    身体と感情を読むイギリス小説 精神分析、セクシュアリティ、優生学
    武田 美保子(春風社)
    読書人紙面掲載 書評
    2018年7月9日
    9・11を通じ「文学に何ができるか」を問う 大きな物語に対抗するアメリカ文学の普遍的本質
    テロと文学 9.11後のアメリカと世界
    上岡 伸雄(集英社)
    読書人紙面掲載 書評
    2018年7月7日
    ウロボロス的循環リズム 
    近づきがたい二重らせんの回転
    マニエリスム談義 驚異の大陸をめぐる超英米文学史
    高山 宏(彩流社)
    読書人紙面掲載 書評
    2018年7月4日
    〈環境感受性〉の文化史 
    是非とも手にして欲しい論集
    ロマン主義エコロジーの詩学 環境感受性の芽生えと展開
    小口 一郎(音羽書房鶴見書店)
    世界文学の関連記事をもっと見る >

    2019年4月17日更新

    フードスタディーズ・ガイドブック
    安井 大輔
    上田 遥
    太田 和彦
    大淵 裕美
    河上 睦子
    近藤 宏
    櫻井 悟史
    澤野 美智子
    瀬戸徐映里奈
    巽美奈子
    ナカニシヤ出版
    沖縄の怒り―政治的リテラシーを問う
    与那覇 恵子
    コールサック社
    無責任の新体系─きみはウーティスと言わねばならない
    荒木 優太
    晶文社
    文化大革命五十年
    楊 継縄
    辻 康吾
    岩波書店
    > もっと見る
    週間ランキング
    1
    東畑開人×高野秀行 公開トークイベント載録
    〝イルツラ〟沖縄・デイケア施設でケアとセラピーについて考えたこと
    『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』(医学書院)刊行記念
    特集
    2
    メビウスの輪のなかの陣地戦――(日本における)ポピュリズム運動の限界――
    コラム
    3
    話題の編集者と考える本のこと~第1回なぜ今、本を読むのか~
    小林えみさん(堀之内出版)×白石正明さん(医学書院)
    テーマ:①影響を受けた本・社会を考える本について②本を編むこと・本をめぐる環境について
    特集
    4
    「平成の三冊」時代を、私を形成した本 31人へのアンケート
    特集
    5
    絓秀実氏・外山恒一氏・佐藤零郎氏鼎談
    “八九世代”はいかに闘ってきたか
    「全共闘以後」(イースト・プレス)をめぐって
    特集
    6
    祝!『文藝』リニューアルスペシャル !! 古谷田奈月「神前酔狂宴」/東浩紀/文學界新人賞受賞作
    コラム
    7
    今中哲二氏インタビュー〈飯舘村長泥地区をフレコンバックの最終処分場にするな〉(聞き手=佐藤嘉幸)
    特集
    8
    対談=河合香織×松永正訓
    〈生命〉を選別して人は幸せになれるのか
    河合香織著『選べなかった命』(文藝春秋) 刊行を機に
    特集
    9
    天皇と紙幣にまつわる、ひとつの謎――。
    天皇はなぜ紙幣に描かれないのか 教科書が教えてくれない日本史の謎30
    著 者:三上 喜孝
    出版社:小学館
    書評
    10
    「令和」改元を機に 昭和→平成改元の時、読書人は何を報じたか
    談話特集 天皇崩御を機に「天皇制」を考える
    猪瀬直樹・牛島秀彦・加納実紀代【談話】+松本由隆【寄稿】
    特集
    「それでも居場所は生まれてくる」
    2019年4月26日
    まずはビートルズの青版・赤版ならぬ、立岩真也の青版・赤版を読むところから。
    2019年4月12日
    幸福な読書体験
    2019年4月5日
    批評家不遇の時代?
    2019年3月29日
    この自由な空間を、今後も守っていきたい
    2019年3月22日
    もっと見る
    {yahoojp} {dokushojin.com}